風俗でオプションつけまくった

間違いないのはやっぱり自分の感覚

直観って結構当たるじゃないですか。神がかっているなって思う時もあるんですけど、風俗でもそうなんですよ。むしろ風俗での方が自分の直感が冴えわたるような気がしますね。ポータルサイトでもそうですし、ホームページでもそうですけどまずは静止画で画像や文字のコンテンツを見るわけじゃないですか。そこから何を読み取るのかは本当に人それぞれだと思うんですよ。だから風俗で遊ぶ時、やっぱり思うのは直感を頼りにするべきだなと(笑)この気持ちは割とあてになるというか、案外頼りになるものなんじゃないのかなって気持ちがありますし、その直感を信じてみるのもそれはそれでなかなか面白いものなんですよ。風俗って本能を呼び起こすというか、本能を刺激するものだと思うんですよ。その本能という点ではこれ以上の物はないなって思いもありますので、風俗で遊ぶのであれば自分の本能ともいうべき直感を大切にするのもある意味では当たり前のことなのかもなって。

全ては風俗のためなのかも

自分がこれだけ毎日好きでもない仕事を頑張れているのは風俗のためなんじゃないのかなって思っています。風俗っていろんな楽しさがありますけど、どんな形で楽しむにせよ、いわば「非日常」であることは間違いないんです。そのために自分もいろいろな刺激を楽しめるんですけど、風俗の特徴の一つに自分がお客という点もあるじゃないですか。ということは、こっちが気を使うことはないんです。あくまでも使われる側として、相手に快感を任せればそれだけでいいんです。すると、そこに大きな快感が待っているんです。これらの事実を考えると、風俗は自分だけではなく、どんな男であれ理想そのものの世界が展開されているんじゃないのかなと思うようになりました(笑)誰が相手でも楽しいのは間違いないですし、さらには自分の好きな時間を満喫することが出来るのを考えた時、これ以上の娯楽はないんじゃないかなと言うのが自分の素直な気持ちなので、そのために頑張っているんです。